協和病院 河村宗典院長 訪問インタビュー

水素水の専門サイト − なるほど元気倶楽部
この協和病院院長の河村宗典先生への訪問インタビューは、
当倶楽部の管理人が尊敬する河村先生の還元水に対するお考えを紹介するために掲載するものです。
当倶楽部ならびに当倶楽部がお薦めしています商品との関係はございません。
河村宗典院長訪問インタビュー
誠仁会 協和病院 院長 河村 宗典(かわむら むねのり)医学博士
河村宗典院長
●河村宗典院長
1938年山口県生まれ。神戸大学医学部卒。医学博士。
早くから電解還元水の効果に着目し、85年から糖尿病やアトピーなどの医療現場に取り入れる。医療法人誠仁会協和病院・院長
NPO法人 統合医療と健康を考える会「河村宗典のインターネット相談室」

医者として20年以上も前から、還元水(電解還元水)を、医療の現場に取り入れてこられた
協和病院の河村宗典院長を、2003年3月13日(木)に訪問しお伺いしたときのお話です。

それは自らの“人体実験”ではじまった

- 外科医である河村先生が、なぜ「還元水の力」に注目されたのでしょうか?

「たまたま大学の先輩から“体にいい水がある”と勧められたのがきっかけです。
半信半疑で家族といっしょに何日間か飲んでみました。
そうしたら、二日酔いをしなくなった、体の調子がなぜかいい、便の臭いが無くなった。
これは、もしかしたらすごい水なんじゃないか、と思いました。」

- ご自分が実験して納得なさったわけですね。

「そうです。その後、この水のことを、当時糖尿病の治療を受けていた病院の職員がたまたま耳にして、“そんなにいい水なら私も飲んでみる”と言うんですね。
それで、彼にもこの水を飲んでもらうことにしたんです。」

- 結果はどうでしたか?

「彼のやり方は徹底していました。さっそく、その整水器を買い、自宅に取り付けました。
職場にもペットボトルに入れて持ってきて、ほかの水はいっさい飲まない。
するとそれから2週間ほどしたら、驚いたことに高かった血糖値が正常になった。
体調もいいという。治療は普通にやってました。
主治医には内緒でしたからね。
変えたものといったら水しかない。その後食事療法もやめて普通食に戻すまでになった。
なぜだろう?やはり水しかない。」

「次に、紹介で来院された慢性肝炎の患者さんがあり、
もう肝硬変待ちというくらい重症で、内服の薬と点滴で治療していたんですが、
“一度水を換えてみませんか”と勧めてみました。
それから半年後、その患者さんが“先生、もう点滴やめてもいいでしょうか”・・・それでやめて、
以来13〜14年ほどになりますが、元気で薬もいらない普通の生活をしてます。」

還元水は“治療水”ではない、“自分の力を引き出す水”

- それ以後、還元水を治療に取り入れて、アトピーや、糖尿病の症状で苦しむ患者さんの症状を改善してこられたわけですね。

「そうです。でも、取り違えないで欲しいのは、還元水は決して治療水ではないということ。
治療以前の問題なのです」

- それはどういうことなのでしょうか?

「当時は、この水がなんでいいのかわからなかった。
でも、確かに数値が下がる。体内の乳酸菌が自然に増えてくる。
とてもいい体内環境を作ることがわかってきた。
基本的には、病気は自然治癒力の低下が引き起こすものです。
人間には本来、自然治癒力というものがあり、それが正常に働いていれば、
どんな症状でも自然に治っていく
ものです。」

「治癒力の妨げとなるものを取り除かなければ、病気は治らない。
もし、治癒力がなければ、どんな名医であっても、治療することはできない。
骨折した骨をどんなにうまく接合しても、治癒力がなければ、
その骨はもと通りにはくっつかない。この骨がくっつく力こそが治癒力です。」

還元水は、そうした人間が本来持っている治癒力を高めてくれる水、
病気の元を絶ち、治癒力の妨げになる要因を取り除く水なのです。


医者は、この治癒力がいかんなく発揮されるように手助けをしなければいけないし、
そのためのいい条件をつくるのが医学でなければならない。
それが本来の医療だと思います。
だから、“治療の前に、まず還元水を飲みなさい”というのです。
これは治療法ではありません。
それ以前に、患者自らが自己責任のもとでおこなう体内環境の整備なんです。」

- 還元水がどうして自然治癒力を高めていくのでしょうか?

「今から15年以上も前の当時では、実際に病気の症状が改善しているのに、その説明がつかない。
いろんな大学の先生を訪ねてまわりましたが、単にアルカリ性がいいのではという程度でした。
その後、やっと“活性酸素が病気の原因”という概念が確立されて、還元水の力がわかってきた。
九州大学の白畑教授が活性水素の存在を立証し、これが還元力をもって活性酸素を抑え酸化を防ぐ、というんですね。
人間はなぜ死にますか?
肉体が老化するからですね。
老化ってなんですか?
肉体の酸化ですね。年とともに老化していくのは、これは生命の原理。
でも、急激な酸化は、病気を作ります。
還元水は、こうした酸化した肉体を正常に“還元”する働きがある。
還元水の還元力は、活性水素の働きによるものです。
水素をたっぷり含んだ水--それが還元水なのです。」

- 先生の治療法を具体的に教えてください。

「私が行っている治療法は、免疫療法です。ただ還元水を飲むだけ。
自分で飲む力がある限り、1日2〜3リットル飲みなさい、と指導しています。
こうした治療法は時間がかかりますが、そのうち患者さんが医者にも薬にも頼らず“自分の力で治す”ということがわかってきます。
そうしたら自信がわいてきます。この自信が、自己免疫力を高めていくのです。」

「今の健康に対する考え方は、溶質である“健康食品”や“サプリメント”にばかり眼が向けられ、溶媒である“水”を無視している。
本来、“口にすること”と、“身体に吸収される”ことは別であり、口にするのは、身体の中のトンネルに通すだけであって、“水”に解けて胃腸で吸収されて、初めて身体に吸収されたことになる。
いくらいいものを口にしても、それを溶かす溶媒である“水”を無視していては、何の効果もない。」

「生物と水との関係は、コンピュータ技術者が、その機能、性能ばかりに眼を向けて、電気そのものに眼を向けないのと同じである。どんな高性能なコンピュータを作っても、電気がなければただの箱なのと何ら変わらない。
それと同じように、どんなにいい薬を飲んでも、それを体全体に行き渡らせるための
生体内の水が不十分なものであれば、その効果が充分に発揮されないのです。」

還元水の使い方についての河村院長からのアドバイス

「徹底して、飲むこと。それにつきます。
あなた自身の命は自然がくれたもの、自然に近い形にあなたの力で戻してやることです。
その助けとなるのが還元水です。 水は体が生きるための基本です。
自分の体にいいことを積極的にやろうじゃありませんか。」


先生ご自身、現状の医学界や医療技術に対しての苛立ちがあるようで、「西洋も、東洋も、医学には、五千から六千年の長い歴史がありながら、未だ病気の元を絶つことができていない。」、「この水とつきあってきて、医者をやってるのが嫌になった。」、「医者のために、病気が増えている。犯罪がなければ、警察はいらないのと同じで、病気がなくなれば、医者はいらなくなる。」、といった言葉が印象的でした。

また、先生は、過去において何度かマスコミの取材も受けられ、テレビにも出られたことがあるのですが、マスコミに対しては、怒りにも似た大いなる不満をお持ちでした。
取材時に、4時間近く説明した内容が、ほんの十数秒になって報道され、先生が言わんとすることの何十分の一しか伝わらず、それを見た視聴者が大いなる誤解(過度の期待)を持ち、先生のところへ、数多くの問い合わせが殺到して、その誤解を解くのに大変な苦労をなされたそうです。

そして最後に、某家電メーカーが、電解整水器市場で何をやったか、と言った話も交えて、“還元水”を広めていこうとする時の心構えまでご指導いただきました。

尚、誤解を生むと先生にご迷惑がかかりますので、正確にお知らせしておきますと、
協和病院では、医療用機器として認定されている電解整水器による“電解還元水”のみを使っておられ、「電解還元水を汲み置きしておく際に“マグスティック”を入れておけば、還元力が持続して重宝する。」との評価をいただいています。

また、(株)日本鉱泉研究所の奥村社長が、ミネラル還元整水器“元気の水”を開発される際に、先生のご自宅に“元気の水”セントラル給水タイプを取り付けて試用していただき製品の評価と改良点のご指導などをいただいたという経緯があります。

<ページトップへ>

メガハイドレート