Google サイト内検索
ホーム -> 水へのこだわり

本当に、『水』によって病気が癒やされるのか?

世の中には、「この水には病を癒す力がある。」とか、
「お医者さんでも治せなかった病気が水で治った。」といった話は、
古今東西多々ありますが、

極身近に存在する水にそのような力があるとは、にわかには信じがたく、
水博士ついつい「眉唾っぽい話なんじゃないだろうか?」とか、
「プラシーボ効果なんじゃないの?」とか、
「騙されたらあかんで、それは悪徳商売やで!」
と思ってしまいます。

実は、この「病を癒やす力を持つ水」というのは、
普段、私たちが飲んでいる水とは、やや異なる特性を持つ水
だから、そのような力が有るのであって、
私たちの身の回りにある普通の『水』には、そのような力はないのです。

ただ、『水』は、いつも当たり前のように私たちの身近にあって、
見た目には無色透明で、どの水も何ら違いのない『水』なので、
普段、『水』の大切さをそれほど強く意識することがないと、ついつい
「どの水もそんなに違いはない」と勘違いしたまま、そう思い込んでしまう
のも無理はないのです。

ところが、近年の様々な研究から、
私たちの身体の3分の2を占める水は、
あらゆる生命活動の中心にあり、非常に大きな役割をしていて、
コップの水私たちが普段飲んでいる普通の水(水道水など)を、
「病を癒やす力を持つ水」に変えることによって、
腸内環境から血液をはじめとするあらゆる体液まで、
様々な生理機能が活性化され治癒力が高まり、
水で健康長寿を手に入れられる可能性が見えてきている

のも事実で、

今では、多くの体験者の方がおられるとともに、
その『病を癒やす力を持つ水』の謎が解明されつつあります。

実は、病気や老化とは、身体の中で何が起こっている現象なのかをきちんと理解して、その根本原因に対して正しく対処できさえすれば、
健康長寿を手に入れることは、そんなに難しい話ではないのです。

ひらめき 過去において、
科学的、医学的にその真相を解明しようとしてこなかったのは、
感染症以外の病気や老化の真の原因を解明できていなかったが故に、実際に起こった「数多くの治癒や長寿などの自然現象が、
なぜ起こるのか?」の因果関係を説明できなかったために、
“奇跡”や“超常現象”と呼ぶ以外、術がなかったからなのです。

エビデンス重視の対症療法を主体とする西洋医学の考え方では、
“病を癒やされる”という謎の真相を解き明かし治療に生かすという発想が生まれてこなかったのです。

しずくジャンプ近年、ようやく医学や科学の先進的な研究によって、
病の本質的な原因が明らかになる
に従い、
「水で病が癒やされる」という謎の真相が、解き明かされつつあるのです。

もし、あなたが『「水で病が癒やされる」なんていうのは、
現代科学では解明されていない”奇跡”のような超常現象だ!』とか
「金儲け目当ての悪徳商売だ!」とか思い込んでいるとしたら、
あなたご自身が、『水』についてどれ程知っているか自問自答してみて下さい。

『水の力』を信じないで歳をとっていくと、
近い将来、高額な医療費ばかりでなく、病魔に苦しんだり、寝たきりになったりして、人生の負債を背負い込み、却って大損することになりますよ。


自然界には、病を癒やし長寿の村をつくる“奇跡の水”が存在する。

フンザとルルドあなたが住んでおられる地球上に、“奇跡の水”と呼ばれ
「病を癒し長寿の村をつくりだす不思議な力を持つ水」があることを、
あなたはご存知ですか?


今ではカトリック最大の聖地となっているフランスの“ルルドの泉”が、
最も有名ですが、他にも長寿の村として名高い“フンザの水”など、
世界中に“奇跡の水”は点在します。

この自然界の「病を癒やし長寿の村をつくる水が存在する。」という事実は、
「そんな力を持つ水を、人工的に作り出すことは決して不可能ではない。
ということの証しです。

詳しくは「“奇跡の水” 謎の解明」をご覧下さい。


日本には、人工的な病を癒やす水“電解水素水”の歴史がある。

ひらめき自然界に存在する“奇跡の水”に対して、
“ルルドの泉”発見から100年後の1958年に
日本の諏訪方季(すわみちすえ)氏によって発明された飲料用電解還元水(電解水素水)は、その確かな健康効果によって数多くの愛飲者の方がおられ、
21世紀に入ってから、ようやくその効果についての本格的な研究が進められています。


水の健康効果を医学的・科学的に解明する研究


生活習慣病予防、本サイトの記載内容、当倶楽部のお薦め商品などについてのご質問がございましたら、気軽にお問い合わせください。
当倶楽部管理人の片桐裕司(カタギリヒロシ)が、お答えいたします。

お電話でお問い合わせいただいても結構ですが、
自宅兼用電話ですので「はい、片桐です。」と言ってでます。
外出中のときは留守番電話になりますことを予めご了承願います。